家具製作のこだわり 金具(金物)について|木製オーダー(注文)家具ならHAND creative factory

家具ブログ

家具製作のこだわり 金具(金物)について

家具制作のこだわり

弊社では注文家具を製作する時は見た目の美しさや部屋との調和といったデザイン面にこだわるのはもちろんですが、それと同じくらい使いやすさにもこだわって製作しています。

家具の使いやすさとは?

家具の使いやすさはオーダーキッチンでいえば天板の高さ、食器や調理器具の収納・取り出しのしやすさなどがありますが、実は金具の選定も重要な部分を占めているのです。

家具製作の金具

家具の金具はどんどん進化しています。

【例1】ドア用の金具

私の年齢(40前後)くらいの方だったら昔のドアノブは手をくるっとひねるものが多かったと思いますが、今最新のドアノブは本当にちょっと下に下げるとドアが開くようになっています。

また、ドアストッパーも昔は輪っかをはめる仕様でしたが、今は磁石になっているので「よっこいしょ」と腰を曲げて外さなくても大丈夫になっています。

【例2】引き出し用の金具

オーダーキッチンの引き出しの金具

また引き出しも新しい金具を採用すると、閉める時に最後まで勢いよくピシャっと閉まるのではなく、ちょっと手前でゆっくりと閉まるようにできます。

お子さんが指を挟んだり、大きい音がたつのを防げますね。

ですので、弊社では製作するオーダーキッチンはこの金具を使用しています。

弊社で使っている家具製作用の金具

金具一つで家具が使いやすくなるなら、なるべくいい金物を使いたい!
そんな思い出弊社では主にGRASS社blum社製の金具を使っています。

これらの会社の金具のどこがいいのか?

製品の精度や耐久性が高く、使っていてもズレが生じにくいだけでなく、痒い手が届く製品ラインナップも魅力なのです。

例えば、少しマニアックな話になりますがGRASS社はスライド長盤金具のダンパー内蔵タイプ全かぶせは19mmまでのメーカーが多い中、22mmもあるのです。

これにより家具の表現の幅が広がるため、家具職人としては本当にありがたいの一言です。

家具金具はスゴい

私も新しい家具金具を求めて展示会などに行きます。

その度に新しいアイディアに触れ、感動しつつも毎回驚くのがその金額です。

これだけの機能と複雑な形状を実現しているのにこの値段!!

本当に金具メーカーさんには感謝しております。

木製オーダー家具(キッチン、ダイニングテーブル、椅子、本棚、書斎など)や木製家具を取り入れたリノベーションはご相談ください。

090-8500-7386