注文(オーダー)家具製作の流れ|キッチンリフォーム、オーダーキッチン、カップボード(食器棚)などの木製オーダー(注文)家具ならHAND creative factory

家具ブログ

注文(オーダー)家具製作の流れ

弊社、HAND Creative Factoryは埼玉県さいたま市でオーダーキッチン、オーダーカップボード(食器棚)、オーダーダイニングテーブルの制作をメインに行っている注文家具制作会社です。

「家具の製作」と聞くと木材を加工したり組み立てたりして家具にするまでの工程をイメージされるのではないでしょうか?
実際、『量産品や規格品』の家具の場合はそのイメージに近いです。

しかし『注文(オーダー)』家具の場合はその前に「デザイン・設計」と「お見積もり」という工程があり、いい注文家具を制作するにはその部分がとても重要になります。

注文家具の「デザイン・設計」と「お見積もり」とは?

デザイン・設計

デザイン・設計はその名の通り、見た目のデザインに加えて木材の材質や加工、ライティング、扉の開き方、コンセントの位置などの要素も含まれます。
お客様のご要望を満たしつつも、機能的で使いやすく、「想像以上たっだ!」「お願いしてよかった」と言っていただけるよう、考えに考え抜いてデザイン・設計を行います。

お見積もり

注文家具制作のお見積もり

そして注文家具で一番難しい(悩ましい?)のが実は見積もりだったりします。
なぜなら注文家具は同じものがないので、デザイン・設計したものを頭の中で作ってみる必要があるからです。

頭の中で作っていく中で木材や金物といった必要な材料、工期、納品方法等を割り出していくのですが、ある程度形が見えてくるまで半日以上かかることもザラにあり、部材屋さんに金額の確認などをしていると見積もり完成までに1週間以上必要となる手間のかかる作業なのです。
こんなこともあり、実は注文家具製作は頭を使う作業が非常に多い、頭脳的で専門的な仕事になります。

そんな視点も持ちながら注文家具を見ていただくと、これまで以上に注文家具を深く楽しんでいただけるとともに愛着を持っていただけると思います。

では注文家具製作の流れを見ていきましょう。
※大まかな流れです。製作する家具や仕様等、諸条件によって異なります。

注文家具制作の流れ①打ち合わせ

【関わる人】お客様、弊社

打ち合わせでは主にお客様のご希望のイメージやスタイル、予算間、ご希望の納期等をヒヤリングします。
画像などがあるとイメージを共有しやすくなるので、よりご希望に近いものをご提案できるようになります。

オーダーキッチンやカップボード(食器棚)の様なサイズのある注文家具の場合は、搬入経路や取り付けをどうするかなども検討します。

注文家具制作の流れ②お見積もり

【関わる人】お客様、弊社

大枠のデザイン(スケッチ)を決めて、それに沿って見積もりを作ります。
注文家具は同じものがないため、頭の中で一度家具を制作し必要な材料、工期などを割り出します。

主な項目は

  • ・デザイン料
  • ・材料代
  • ・製作費
  • ・運搬費
  • ・設置費
となります。

注文家具制作の流れ③打ち合わせ(提案)

【関わる人】お客様、弊社

お客様にデザインやお見積もりを提示し、内容をさらに詰めていきます。
引き出しの内側のデザインや使用する金物といった細かい部分までご提案します。

金物の選定は使いやすさに直結するのでとても重要な要素です。
ですので、弊社ではプッシュオープン(押したら開く)とスロークローズ(最後にゆっくり閉まる)両方の機能を兼ね備えた金物を採用することもあります。

注文家具制作の流れ④ご注文

【関わる人】お客様、弊社

お客様より注文家具製作のご依頼を頂きます。
ご希望納期に間に合わせるためにお見積もりをお渡しした際にお伝えした頃までにお返事いただけると幸いです。

注文家具制作の流れ⑤打ち合わせ

【関わる人】お客様、弊社

細かい部分を詰めていきます。
実際に工場に来ていただいて材料をご覧いただいたりする場合もあります。

また、お客様のご自宅に現地調査に行かせていただき設置する場所の寸法を計測したり搬入経路の確認を行います。

注文家具制作の流れ⑥木材などの部材の発注

【関わる人】弊社

デザイン・設計に応じて木材や金物などの部材を発注します。
モノによっては納品までに1か月以上かかる場合もあるので、慎重に進めます。

注文家具制作の流れ⑦制作

【関わる人】弊社

本ブログの最初に書いた
『「家具の製作」と聞くと木材を加工したり組み立てたりして家具にするまでの工程』
の部分に到達しました!

制作は大きく分けて「部品の制作」とその部品を組み上げて家具にしていく「組み立て」の二つに分けることができます。

(1)部品の制作

大きな木材の板を加工して家具に必要な部品を作っていきます。
部品の精度や品質が家具の美しさや精度、頑丈さ、使いやすさに直結するので、手間隙を惜しまずに作業します。

  • ・部材のカット、プレス(貼り合わせ)、カット、小口の処理(白ボンド・・固まるのが遅いけどしっかりしてる)
  • ・仕上げ1(ペーパー)
  • ・加工(実際の寸法に切断)
  • ・仕上げ2(水洗い、ペーパー)

(2)組み立て

制作した部品を組み上げていきます。
組み上げた後にウレタンやオイル、ワックスなどで表面を塗装することで長持ちする様になります。

  • ・塗装(ウレタン塗装、オイル塗装)
  • ・金物の取り付け

注文家具制作の流れ⑧納品(設置・施工)

【関わる人】お客様、弊社

弊社ではオーダーキッチンやオーダーカップボード(食器棚)の様な大きい家具の製作依頼を頂くことが多いので納品の際はお客様宅までお伺いして家具の設置・施工も行います。

事前に現場調査で確認したルートから家具を搬入します。
広い搬入ルートを確保できない場合は家具を途中まで組み立てた状態で搬入します。

お客様には位置の確認や納まりの確認をして頂きます。

注文家具はお客様と作るもの

いかがだったでしょうか?
製作の流れを通じて注文家具についてご興味をお持ち頂けたら幸いです。

私はこのブログを書いていて改めて「注文家具はお客様と一緒に作っていくものだな~」思いました。

注文家具は量産品や規格品に比べて時間がかかったり費用も高い印象を持たれると思いますがライフスタイルに合わせて設計できるため使いやすいですし、作りが強固で長持ちしますので、実はとてもコストパフォーマンスがいいものです。

もちろん、こだわりの空間を実現できるのも注文家具の魅力です!

注文(オーダー)家具についてのご相談・ご質問を受け付けております。

HAND Creative Factoryでは注文(オーダー)家具制作についてのご相談・ご質問を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ご相談はこちら

木製オーダー家具(キッチン、ダイニングテーブル、椅子、本棚、書斎など)や木製家具を取り入れたリノベーションはご相談ください。

090-8500-7386